1/31 ラジオドラマ「森と奏でる」

January 31, 2019

1/20の帝塚山夢工房スタジオ音楽ライブにお越しいただいたラジオパーソナリティで声優(声優の講師もされている)の加藤くみこさんが、ご自身がパーソナリティを務めるfmきしわだのラジオ番組おはきし木曜日「くみくみのマイフレンド」にて音楽家(大地の種)と植物が旅をする物語「森と奏でる」(作・小野なおみ)をライブオンエアー。大地の種の植物音楽がラジオドラマになって今月1/31(木)からスタートしました。もちろん物語の音楽担当は大地の種。ラジオドラマ第1話、初日の今日は海賀千代もゲストで登場。植物音楽にまつわるエピソードを楽しく語らせていただきました。

 

 

急遽月に一度の放送が決まり、本日スタートしたラジオドラマ「森と奏でる」は、12話完結で今年12月に素敵な結末を迎える物語(予定)。自然の中で暮らし音楽を奏でている音楽家の2人は、とある旅人から贈られた植物の言葉がわかる機械を持って旅に出ます。その旅の目的は植物の中で一番偉くて、知恵のある植物の王さまを探す旅。植物に出会っていろんなことを教えてもらう音楽家の物語は、季節とともに旅をして素敵なクライマックスへと進んでいきます。

 

優しい笑顔が印象的なパーソナリティの加藤くみこさん(写真:右端)は、子どもオペレッタやミュージカルのご指導、ご自身も朗読や舞台で活躍されています。大地の種の2人も2017年8月に岸和田自泉会館で開催された夏休み企画 "五感で楽しむ音楽会"公演(植物と環境をテーマにした舞台)朗読&音楽会で共演した仲間。その公演で出会ったのがきっかけで自然派音楽ユニット・大地の種が結成されました。

 

たまたま遊びに来てくれた帝塚山ライブで、新しい植物音楽デバイスを知った加藤さん。久しぶりに一緒に植物音楽をテーマに何か楽しい企画をやろうという話になりました。それがラジオドラマ「森と奏でる」。毎月末最終の木曜日は、ぜひFMきしわだをチェックください!

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

植物の音楽"Plants"

May 17, 2019

1/2
Please reload

最新記事