ラジオドラマ"森と奏でる"#5

第5話「雨が好きな山紫陽花」の話。 2019年5月29日、fmきしわだで放送されましたラジオドラマ「森と奏でる」植物の王様をさがす旅に出た音楽家の物語(#5 雨が好きな山紫陽花)を収録したものです。本物の植物から採集した命の歌をお楽しみください。 ______________________ あらすじ 森で暮らす音楽家の2人は、自然と一緒に音楽を作って暮らしていました。ある日、動けないけれど音楽が大好きな植物・コウモリランと話せるようになりました。優しい音楽家は動けないなら自分たちが行って植物たちに聴いてもらう、大きな音楽会を開こうと決めました。そして植物のために一番ふさわしい音楽会の場所を王様に教えてもらう旅に出ました。第4話のクローバー(牧草編)に続き、第5話に登場したのは山紫陽花です。 _______________________ 収録された曲"山紫陽花に雨が降る時”は本物の山紫陽花の歌。西宮市夙川沿いに樹勢している山紫陽花から音を採集いたしました。植物が主役の物語”森と奏でる”は 1月から12月にかけて12話完結、fmきしわだのラジオドラマで放送予定。ラジオドラマの中で流れている植物の歌は、植物の音楽デバイス・Bambooを使用した本物の植物(生体電位)の命の音が使われています。fmきしわだオリジナル・植物ラジオドラマは毎月末の水曜日、新しい植物の命の音をラジオドラマで放送ご紹介しています。 音楽家の2人は植物音楽ユニット・大地の種が担当。ラジオドラマ挿入音楽はオリジナル曲  "wineywiney””山紫陽花に雨が降る時”feat,plants 山紫陽花 "大地のう

ネットから購入できるようになりました。

アルバム「大地のうた」「和音」 がネットから購入できるようになりました。 大地の種のライブに行けないと買えなかったCD音源が、 あなたの元へ届きます。 ぜひ、ご利用ください。 ダウンロードはこちらから。 iTunes music なら"大地の種" で検索。

大地のロゴができました

地球が生まれて 最初に植物が大地に根づいた 次に生き物が生まれて、愛を育てた。 大地に愛があふれると 植物は育ち、世界に種を飛ばすだろう。 illustrated by JUNICHI /2019

植物の音楽"Plants"

大地の種 3rd Album "Plants"が完成しました。 "Plants"は植物と共演して生まれた4曲のアルバムです。 ジャケットのしずくのように 瑞々しい仕上がりの4曲は、植物のいのちの音とセッションを重ねて 大地の種が植物と共に紡いできた新しい音の世界を感じることができます。 このアルバムはCDという形ではなく、 ネットからダウンロードで購入できるようになります。 もうしばらくお待ちください。 今回の植物の音楽"Plants"についてインタビューを サイトに公開しましたので、2人の植物音楽にこめたメッセージをお楽しみください。 Photo&design Naomi Ono 大地の種がファーストアルバムからお世話になっているレコーディング・スタジオのサウンドマスター藤塚氏と一緒に完成記念写真。藤塚氏の1歳のご子息・湊くんもアルバム曲「夕暮れDokiDoki」に可愛い声でレコーディングデビューしていただきました。 ぜひ

6/15 愛と平和のLIVE

名古屋の平和イベントに出演します。 お近くの方はぜひ! イベント詳細はこちら Faebookイベントページ

ラジオドラマ"森と奏でる"#3

2019年3月、fmきしわだで放送されましたラジオドラマ「森と奏でる」植物の王様をさがす旅に出た音楽家の物語(#3,1000年生きているオリーブ)を収録編集したものです。本物の1000年オリーブから採集した命の歌をお楽しみください。 ______________________ あらすじ 森で暮らす音楽家の2人は、自然と一緒に音楽を作って暮らしていました。ある日、動けないけれど音楽が大好きな植物・コウモリランと話せるようになりました。優しい音楽家は動けないなら自分たちが行って植物たちに聴いてもらう、大きな音楽会を開こうと決めました。そして植物のために一番ふさわしい音楽会の場所を王様に教えてもらう旅に出ました。第2話のウンベラータに続き、第3話に登場したのは1000年オリーブです。 _______________________ 収録された音楽は本物の1000年オリーブの歌。1000年オリーブはスペインからはるばる日本へやってきて、たまにイベントに参加しながら今も豊中のローズガーデン造園で手入れをされながら、元気に余生を送っています。大地の種も2017年12月にうめきたガーデンで1000年オリーブと初セッションしました。そのご縁で今回の音源を採らせていただきました。 1月から12月にかけて12話完結でfmきしわだのラジオドラマで放送予定。ラジオドラマの中で流れている植物の歌は、植物の音楽デバイス・Bambooを使用した本物のオリーブ(生体電位)の命の音が使われています。毎月新しい植物の命の音をラジオドラマで放送ご紹介していきます。 音楽家の2人は植物音楽ユニット・大地の種が担当。

ラジオドラマ"森と奏でる"#2

2019年1月、fmきしわだで放送されましたラジオドラマ「森と奏でる」植物の王様をさがす旅に出た音楽家の物語(#2 優しいウンベラータ)を収録編集したものです。ラジオドラマの中で流れている、本物のウンベラータの命の歌をお楽しみください。 あらすじ 森で暮らす音楽家の2人は、自然と一緒に音楽を作って暮らしていました。ある日、動けないけれど音楽が大好きな植物・コウモリランと話せるようになりました。優しい音楽家は動けないなら自分たちが行って植物たちに聴いてもらう、大きな音楽会を開こうと決めました。そして植物のために一番ふさわしい音楽会の場所を王様に教えてもらう旅に出ました。 第2話では海を見下ろす灯台で出会った植物ウンベラータに、音楽家は植物の面白いことを教えてもらいます。 1月から12月にかけて12話完結でfmきしわだのラジオドラマで放送予定。ラジオドラマの中で流れている植物の歌は、植物の音楽デバイス・Bambooを使用した本物のウンベラータ(生体電位)の命の音が使われています。毎月新しい植物の命の音をラジオドラマで放送ご紹介していきます。 音楽家の2人は植物音楽ユニット・大地の種が担当。ラジオドラマ音楽はオリジナル曲 ”wineywiney” "keep on walking”(feat. plants umberata)"大地のうた” ■「森と奏でる」 ー植物の王様をさがす旅に出た音楽家の物語ー 作 小野なおみ 朗読 加藤くみこ 音楽家 大地の種(海賀千代・Kackey@dabigtree) 植物 ウンベラータ 植物の音楽デバイス・Bamboo

5/25 ふれあい音楽会

「令和元年」新しい元号がはじまった5月吉日 植物とともに、大地の種が令和時代のはじまりを祝い奏でます。 帝塚山 "夢工房ふれあい音楽会"は名前の通り、 手を伸ばせば音楽家にふれるくらい近い客席が並ぶ夢工房スタジオ そこは大地の種の音楽と人が出会う場所です。 大地の種、帝塚山夢工房ふれあい音楽会とは関係ないのだけれど この日、5/25(sat)は帝塚山音楽祭の日。 街を音楽で活性化しようと企画されたイベントは33回目を迎え 午前10時から夕方まで帝塚山の街が音楽一色染まります。 帝塚山の各公園ではフリーマーケットも開催され、 新緑が美しい街を歩くだけでワクワクする週末。 帝塚山夢工房スタジオの近くには 住吉大社や安倍清明神社など、歴史ある神社仏閣もたくさん。 レトロな阪堺電車に揺られて、姫松駅下車徒歩0分の夢工房スタジオ 夕方16時からは大地の種に会いに 夢工房スタジオへお立ち寄りくださいね! 帝塚山夢工房ふれあい音楽会 出演 大地の種 日時 5月25日(sat) 開場 16:00 ・ライブスタート 16:30〜 参加費 ・大人 1000円(小中学生 500円)当日参加OK。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Instagramの社会のアイコン
  • Facebook Basic Square
 メールマガジンに登録(無料) 

大地の種Office

zip:663-8204

兵庫県西宮市高松町15-1-403

phone:070-5653-7555

  • Facebook
  • Vimeoの社会のアイコン
  • SoundCloudが社会のアイコン
  • Spotifyは社会のアイコン
  • アマゾンの社会のアイコン
  • iTunesの社会のアイコン
  • YouTubeの
  • アイコンはGoogle Playブラック
  • Instagram
  • Twitterの社会のアイコン
IMG_0313.jpg

© 2017 -2020 Seeds of  Earth ,Japan.